クリスマスローズとはキンポウゲ

クリスマスローズとはキンポウゲ科クリスマスローズ属の花で、その名のとおりクリスマスの時期にバラに似た花を咲かせることから、名づけられたと言われています。本来はノイガーのみをクリスマスローズと呼び、オリエンタリスはレンテンローズと呼ぶのですが、日本ではどちらもクリスマスローズと呼んでいます。クリスマスローズの花の多くが何故下を向いて咲くのか、その理由は明らかではありませんが、一般的には、冬に花を咲かせるので、雪から花を守るためではないか、と言われています。冬の大地で自生し、積もった雪を持ち上げて開花するなど非常に強い花で、「雪起こし」の別名も持っています。日本でクリスマスローズと呼ばれているノイガーは元より、現在は多くの色の種類を持つオリエンタリスも、以前は地味な花色で、下向きに咲いていました。その後英国で改良が進み、花の色が鮮明化され、色の数も増え、花弁が丸く上を向く等、今の形になったのです。ガーデニングの本家英国で、最も愛されている花は、もちろんバラですが、クリスマスローズは、そのバラに次ぐ人気を誇っています。それは、改良による色の多様さや形の美しさもあるでしょうが、やはり冬の、しかもクリスマスシーズンに開花するということや、育てやすい丈夫さが挙げられるでしょう。


RSS関連リンク
クリスマスローズについて調べてみた
クリスマスローズの最新記事情報。クリスマスローズに関する探し物なら、ここで見つかる。クリスマスローズ行脚 クリスマスローズ行脚が、もう少しで終わる。毎度のこと、この梅雨の季節は生産者や園芸の専門店を回ることにしている。簡単に言うと市場調査。話を聞く側に回

クリスマスローズ調査
クリスマスローズのプレート この2005年のクリスマスローズが描かれているプレートも例に漏れません。クリスマスローズが、しっかり愛らしく描かれていて、さらに、クリスマスローズの愛らしさに負けてない天使。こんなプレートを飾って、クリスマスを家族ですごしたいですね。... クリスマスローズツリー

予感のシャリファ・アスマ
春の姿に戻ってくれるといいなあ。昨日の暑さから一変、しのぎやすい気候だったからか開花もゆっくりです 新芽が出てきたクリスマスローズ 冬に向けての準備が着々と進んでいるのですね ニオイゼラニウム・ブルボンの挿し穂 調べると、10cmくらいの枝を一日
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。