クリスマスローズは英国ではノイ

クリスマスローズは英国ではノイガーという、白い花を指しています。しかし日本では2〜3月に咲くオリエンタリスも含めて、クリスマスローズと呼んでいます。その名のとおり、バラに似た花を咲かせ、寒さにも強く花が咲いている期間も長いため、貴重な冬の植物として、愛されています。クリスマスローズが人々から愛されている理由は、その美しい姿もそうですが、やはり花の少ない時期に開花する、ということと、荒れた大地に自生するような強さを持っているからでしょう。また、この花は、冬の凍った大地で、雪を持ち上げて開花することから「雪起こし」とも呼ばれています。 クリスマスローズは、その可憐な姿に似合わず、大変強い花です。別名を「雪起こし」とも言うように、冬枯れの大地で、雪を持ち上げて花を咲かせ、自生しているのです。本来のクリスマスローズを指すノイガーは、地下の黒く短い根に由来しており、以前は、薬として飲まれていました。元来クリスマスローズの花自体は、元来、地味な花色が多く、しかもその花は下向きに咲いていました。そのため一部の愛好家のみに愛されるマイナーな花でしたが、英国の故ヘレンバラードを中心とする人々の努力によって、鮮やかな花色,丸弁、上向きの花等の改良が進みました。クリスマスローズが世界中で愛され、育てられている理由として、やはり第一には花が少ない真冬に開花すると言うことが挙げられるでしょう。次に、半日陰の庭でも育てられる丈夫さがあると思います。英国ではクリスマスローズは今、バラの次に人気のある花なのです。


RSS関連リンク
お花、色々
のか、 植え替えなかったからなのか、わかりませんが、 来年は先端まできれいに咲かせたいな?。アネモネ・シルベストリスはクリスマスローズに似たような感じのお花で優しげできれいです。春に沢山咲きましたが、今も又、咲きだしました。クレロ

クリスマスローズよかったです
株元で伸び始めている6枚目もきれいな斑が入るとい...... Last Christmas Rose@クリスマスローズ24 @24のクリスマスローズ、ニゲルです。今シーズン最後のクリスマスローズ記事です。ネクタリー(蜜腺)はリベンジで撮影できましたが、花期初期の花と違い、

クリスマスローズの現状
クリスマスローズの情報を集めました。クリスマスローズのことならここで分かる。クリスマスローズが描かれたプレート ロイヤルコペンハーゲンのイヤーズプレートは、毎年違うデザインで発売されますが、クリスマスローズが描かれているのを見たことはありますか?プレートに描かれる花は、他に
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。